<< 東日本大震災に係る災害廃棄物処理事業の取り扱いに関するQ&A | main | 6月定例議会 >>

一年が過ぎて

 久々に書き込みます。暫く休んでいたのは、東日本大震災を経験して、議員としての限界を感じていました。商工業者の方々に対して、何か支援策は無いのか奔走してきました。農業者に対しては、田んぼの整備やいろいろと支援策はあるのですが、商店街組織でなければ何ら支援策は無いということでした。片手落ちも程ほどにしてほしいと思っているのは、私だけでしょうか。今回の被災で商売を廃業する同業者の方々を思うと、本当にこれでいいのだろうかと、復興で一番最初に行わなければならないのは、事業の立ち上げです。お金を回して経済を立て直す事が、今一番必要とされている事だと思います。今回の議会では全壊、大規模半壊等の家屋の解体撤去費用を議決いたしました。加えて商工業者の建物と半壊以上の建物で、市が認めたものも含めるという付帯決議も可決いたしました。幾分ほっとした気持ちです。
議員となって一年が過ぎ、何となく議員、議会の流れが分かってきたように思われます。そこで思ったのですが、サラリーマン議員というモノが存在しているのではないかという事です。生活の為に議員を職業とする人、長いものには巻かれる人、人を平気で差別する人、保身の為なら何でもする人、口では立派な事を言っても行動が全く逆な人、こんな風な人達が見え隠れしている世界だと思うと、憤りを感ぜずには居れません。一人の力は弱いものですが、何人か集まれば何とかなるものだと思って頑張ります。小さい事をこつこつと、一つ一つ積み上げていこうと思っています。
| 議員活動 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://hitorigoto.yakiniku-yagiya.jp/trackback/47

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--